〈船木倶子・Essay〉

 わたしの詩は

わたしの父・雄治郎は男鹿半島(秋田県)の船越に生まれている。
かつては郡方御役屋が置かれていたそれなりの町である。
「……狭え処には住めね(ない)」 父は云った。

町から一里ほど離れた原野を父は開墾していた。戦後は食料増産が叫ばれ、開墾が奨励された時期もあったが、
父の場合は戦争が始まる以前から。召集されもしたが、除隊してからは再び、鍬ひとつの開墾は続けられた。
のちにわたしはそこで産まれた。ただ一軒である。むろん電気などあるべくもない。

林檎の果樹園があり、土地は広々としていた。いくつかの小屋があり、かなりの数の七面鳥や孔雀、
シャモや鶏。緬羊や黒い山羊、黒い豚……。牛もいたが、肉牛ではない。あくまでも父の愛玩用であった。
動物園のようだ、と見にくる人もいた。家計のほとんどが飼料代に消えていった。
庭を愛していて、敷地には沼や、家よりも高く土盛りされた築山や土手があり、
土手の位置は何度か変わった。

父はひがな一日、庭をながめていた。父に、
「松葉は痛い」と云ったことがある。
「……生ぎでる松葉は痛ぐね(痛くない)」
 実際そのようであった。生きてるもののいのちはみなまろく、やわらかであった。

「すみれはいいね」
「……野生のすみれはいい」
 父は答える。それは残雪のなかに咲きだした一茎のタチツボスミレのことであった。
 その父のすべてがわたしだと想うことがある。
父の想いがわたしに詩を書かせていると思うことがある。

  「詩と思想」April '04

   

土手の裏で '67

父の愛した庭立ちどまる

………………………………………………………………………………………………………………………………

Index  Essay

Copyright(C) TOMOKO FUNAKI All Rights Reserved.