〈倶子オフィス〉このごろ…14

Wish a happy new year 2004

甲申元旦

「作家は処女作に向かって完成していく」という言葉をきいたことがあります。
処女作というものは特別で、作家の原風景が色濃く現れてしまうもののようです。

わたしは秋田県、男鹿半島の生まれです。「男鹿のなまはげ」の荒々しさをーー
それは神事というよりも荒ぶる奇習にしか思えず、むしろ遠くで眺めていたい
行事でした。しかし、それも又、わたしの原点なのでしょうか。「詩を生きるもの
として鬼になりたい」とこのごろとみに思います。

  

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

November 2003

〈野〉

道端や空き地や野原にそよぐチカラシバやエノコログサ(ネコジャラシ)、そして
カゼクサたちに、しばしば立ちどまってしまいます。その春も夏も好きだけれど、
低くなった晩秋の陽を逆光に受けたその穂など、いままたいちだんの美しさです。

どうしてわたしは「野」なのだろうと、しみじみ想うことがあります。「野」では、
渡り鳥の声もきこえています。

   

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

October 2003

眉月 は、ひかりのようです
きょう空はそんな
眉月

ことし生まれの原の薄(すすき)や渡る雁は、そのあんまりのほっそりに、
驚きはしないのかしら?

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

April 2003

ポプラの歳月

わたしも弟もこの男鹿市立船越保育所に通いました。ずうーっと昔のことです。
弟の卒園のとき、母が「記念になるものを」と園長先生に申し出て、このポプラの樹を
1本、校庭に植えました。そのときのことは、はっきりと覚えています。
歳月は過ぎ、ポプラは巨きくなりました。「あの樹の前にみんなが並んで、入園や
卒園の写真を撮った」と聞くたびに、胸があつくなりました。そこで過ごした誰もが
その樹のことを思い出にしていたし、樹もまた、たくさんのこどもたちの笑い声を
きいていたと思ったからです。それは母の願いのようでもありました。

これが連れの最後の帰郷になると覚悟したとき、わたしたちは保育所のこの樹に逢いに
行きました。まだ寒い日でした。そしてそれは、連ればかりでなく、この樹とも
最期の訣れになりました。

いまはそこに樹はありません。母もそれから病んでいます。それが歳月のすべてでした。
いまはもう何を見ることもできませんが、溢れるような想いがあざやかさをまして、
それからはわたしにせまってくるのです。

  

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Index・ このごろTop13・14・1526  3336 37 4353656667 68Now

Copyright Tomoko Funaki. All right Reserved.