〈船木倶子の詩〉

  

 

燃えている花のいろが涼しいのは と
わたしにはいぶかしかった
いちめんの野のむれる陽盛りに
その一茎の罌粟

燃えるとは ほんとうを燃えあがるとは
(はて)のしずけさ

 

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Index    Poem-Top

Copyright Tomoko Funaki. All right Reserved.