〈船木倶子の詩〉

 あのひとを

  

あのひとをさがしていた
しろい上着が車ごと
ふいに街にまぎれてしまい

さがしあてたところで
と めざめて想う
いつからだろう このような夢
のこされての このような夢

   

   

    

   


Index Poem〈 Top12 345678 9・10・11121314151617

Copyright Tomoko Funaki. All right Reserved.