〈船木倶子の詩〉

 これからは

  

黒い身じたくであのひとはいま
車にのりこむ
そのとき あのひとを抱いた

わたしのなかに入っていてね
そしたら死なない
わたしといっしょに生きるのよ

立ったままだったけれど
あのひとは嬉しそうだった

ドアを閉める音がして
とまとの枝がわずかにゆれた
かおりが青くわたしを流れた

ゆめのなかだったけれど
あのひとにもういちど伝えた
わたしといっしょに生きるのよ

     

              詩集「あなたとおなじ風に吹かれた」

  


Index Poem〈 Top12 345678 910・11・121314151617

Copyright Tomoko Funaki. All right Reserved.