〈船木倶子の詩〉

   哀しみなどというものは

哀しみはないのだ
哀しみなどというものは
いま 終の間際にあろうとも
すっかりの骸に もう野晒しが似あうとしても
そのときそれまでの生が
はたして生などあったのか
もはや憶い出せなどしなくとも

そうでなければあのように
吹いてはゆけない 風はすぎる
立ちどまる哀しみなどなくあのように
風はすぎる

  

  

  What sadness is

There is no sadness
What sadness is
Now even at the brink of death
Even though exposure to the elements
Only suits what is just a corpse now
The life that I lived till then,
Has it truly been a real life?
It's already too late to recall

Otherwise
The wind wouldn't blow the way it does
The wind passes by
There is no halting sadness, like that
The wind just blows away

Translated by Chikae Taniguchi

詩集「あなたとおなじ風に吹かれた」


Index Poem〈 Top15678 911131415・16・17

Copyright Tomoko Funaki. All right Reserved.