〈船木倶子の詩〉

 

    

待宵草からひかりが湧いて
いま月いろを匂いはじめた
草の葉のみどりのいきはまだ火照る
(つがい)はねぐらに帰ったばかり
そうして夜はたけなわ
煌星
(きらぼし)が降る

  

   

            詩集「あなたとおなじ風に吹かれた」

鳥海山で


Index Poem〈 Top12 3・ 4・ 5678 91011121314151617

Copyright Tomoko Funaki. All right Reserved.