船木倶子の詩〉  

   立ちどまる

 

父の背は地吹雪でたちまち白く
その足跡 (くつあと))の半歩うしろにわたしがつづく
道の折れるあたりの吹きだまりで
きまってわたしは名前をよばれ
そうしてわたしを確かめた

あのころ一里の山道を
手さぐりだったがひと足ごとに
胸までの雪もかきわけられた

いま 雪のない都会で夜どうし明るい道で
どうしてわたしは立ちどまるのか
行く手をさがしてしまうのか

    

  詩集「いのちが透ける」


  

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Index    Poem-Top

Copyright Tomoko Funaki. All right Reserved.