〈船木倶子の詩〉

     

おまえはわたしに抱(いだ)かれにくる 身体を硬くして
想いを硬くして
あれからは雪 しろさはやまない
わたしもすっかりそのようだった やまないしろさで
逢いにきた
身体じゅうがずしりだね
哀しみはこんなに重くなったのか

そうしていまでは夢にくる
わたしはおまえを抱いたままだ

詩集「あなたとおなじ風に吹かれた」

 

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Index    Poem-Top

Copyright Tomoko Funaki. All right Reserved.