〈船木倶子の詩〉

 

 水平線のない海

 

わたしの海にほんとうは
水平線などひかれなかった
やまない吹雪 ふりつづく雪

体脂肪をつかいはたした渡り鳥が 吹き溜りに
うずくまっていたりする

そのまま昏れる 夕映えもなしに
水平線をねむりのなかでは超えたりもする

  詩集「いのちが透ける」

 

 

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Index    Poem-Top

Copyright Tomoko Funaki. All right Reserved.