船木倶子の詩〉

 それからの海

    

針先よりもちいさなひとつところから宇宙は
はじまったと云う

はじまりはあったのだろう
ひとりのかたを焦がれたように
はじまりの風が吹き

宇宙膨張の証のように
飛沫をあげるものがある
静寂
(しじま)にむかう風もある

いまだからよくわかる
それからの海

      

                      詩集「いのちが透ける」

        

男鹿半島の三月


Index Poem〈 Top1・ 567・ 8 ・911121314151617

Copyright Tomoko Funaki. All right Reserved.