〈倶子オフィス〉このごろのわたし 36

October 2008

〈落柿舎 らくししゃ

落柿舎を訪れたのは六月。そこは俳人・向井去来の草庵。去来は松尾芭蕉の高弟でした
から、芭蕉も三度訪れています。落柿舎には投句箱があって、訪れたひとは
詠んだ句を……わたしも一句納めてきました。

きょう季刊誌「落柿舎 秋季号190号(落柿舎保存会)が郵送されてきました。そこには
投句されたなかからの収録の句が掲載されています。全国から訪れていたであろう
人々のそれぞれの想いが感じられて、しばし読みかえし、ひたりました。

写真の左側は玄関になっていて、ここに吊るされた蓑と笠は
「只今
在宅しています」という意。だけれどもあれから(1704)は;

庵主の旅の永きを五月雨る  倶子

  


〈Pink〉


  


「14人と5匹の越冬隊 1年遅れの本観測 南極観測第3次越冬隊の記録」

「理由はどうあれ、結果的に犬達を越冬計画破綻の犠牲にしてしまったことは悲しい。
しかしここで忘れていけないのは、彼らは調査旅行の輸送力として立派な働きをしたこと
である。今までは死を悼むだけで、その功績を讃えたことばをあまり聞かない。

私がここで、関係者の間でしか語られていない犬の名前を、1頭1頭克明に書いたのは、
彼らを樺太犬という集合名詞でなく、それぞれがボツヌーテン山の人類初登頂に、
プリンスハラルド海岸やプリンスオラフ海岸地帯の地理・地質調査に存分の働きを
してくれたことを、多くの人に認めてもらい、彼らの話を哀歌としてではなく、
讃歌として残したいからである。
(若井)(本文より)

そしてこの本には第1次越冬をつとめた22頭のワンちゃんたち全員の名前が紹介されて
いる。わたしは何よりもまず、そのことに胸を打たれる。
(第2次越冬計画はやむなく断念された
いやタロとジロの2頭の越冬隊員(犬)が
いたのであった。第3次越冬隊はそのことを目の当たりにした)

「14人と5匹の越冬隊 1年遅れの本観測 南極観測第3次越冬隊の記録」
本文298ページ、写真218枚、表・図20枚。
発行:南極観測第3次越冬隊  編著:若井 登、小口 高
頒価: 2,500円

  


〈オンブバッタ〉

紅さし指の爪ほどの一輪、をみていましたら……
 
  

足下でなにかが跳んで…… バッタでした。まあ、親亀の背中に子亀を乗せて!
帰宅してから調べてみましたら オンブバッタ とありました。あれは番
(つがい)
先人の観察眼のするどさに、名前の由来にまたもや脱帽!
 
  


〈樹の実〉

いつもの散歩道でも小さな発見があります。
こんな実をつけているのは……いったい何の樹?


Index・このごろTop13141516171819202122232425

26272829303132333435・36・37383940

4142434445464748495051525354555657

585960

Copyright Tomoko Funaki. All right Reserved.